大阪府立芦間高等学校の沿革


平成12年11月30日 守口高校及び守口北高校が全日制府立高等学校特色づくり・
  再編整備第1期実施計画第2年次実施対象校となる。
平成13年12月21日 大阪府議会において設置条例議決
  名称「大阪府立芦間高等学校」となる。
平成14年 1月 1日 同校設置
平成14年 4月 1日 初代校長 中尾直史氏就任
  第1期生240名(6学級)入学
  第1期生入学式兼開校式挙行
平成15年 3月24日 実習棟、焼成室竣工
平成15年 4月 1日 第2期生240名(6学級)入学
平成16年 4月 1日 第3期生240名(6学級)入学
平成17年 4月 1日 第4期生240名(6学級)入学
平成18年 4月 1日 二代校長 稲田克二氏就任
  第5期生240名(6学級)入学
平成19年 4月 1日 第6期生240名(6学級)入学
平成20年 4月 1日 三代校長 嶋中明彦氏就任
  第7期生240名(6学級)入学
平成21年 4月 1日 第8期生240名(6学級)入学
平成22年 4月 1日 第9期生240名(6学級)入学
  大阪府立たまがわ高等支援学校共生推進教室が設置される。
  共生推進教室 第1期生 3名入学
平成23年 4月 1日 第10期生240名(6学級)入学
共生推進教室 第2期生 3名入学
平成24年 4月 1日 四代校長 秦 健吾氏就任
  第11期生240名(6学級)入学
  共生推進教室 第3期生 3名入学